代行申請とは依頼者の代わりに書類を届けることしかしない申請のことをいます。代行する者は一切書類の作成には関わる権限を有していないことになります。したがって、もし書類に不備があった場合、代行者は書類を訂正することはできず、あくまで依頼者本人しか書類を訂正することができないことになります。他方、代書申請の場合は依頼者の代わりに書類を作成する権利を与えられた者が書類を作成して提出する申請のことをいいますから、書類に不備があった場合でも代書人が書類を訂正することができます。

車庫証明申請を例に挙げると、代行申請の場合は依頼者様がすべての書類を全部完成させ、その書類を行政書士がもっていく場合のことをさします。他方、代書申請の場合は一部でも行政書士が書類に字を書く場合のことをさします。この場合は書類を作成する権利を与えたことを示す委任状が必要になります。